アレルナイトプラス

アレルナイトプラスの市販状況

更新日:

全成分を把握

アレルナイトプラスの全成分とは?

アレルナイトプラスの全成分は以下の通りです——

マルチトール、エリスリトール、植物性乳酸菌(植物性乳酸菌、デキストリン)、ギャバ、ラフマ葉抽出物、アメリカンジンセンエキス、クワンソウエキス、バレリアナ根抽出物、パラチノース、デキストリン、グリシン、クエン酸、香料、ビタミンB2、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB1、ビオチン、ビタミンB12、葉酸、微粒二酸化ケイ素

アレルナイトプラスの安全性について

敏感体質の人はちょっとした刺激で体の具合が悪くなります。厄介なのは、他の人の体には良いとされているものでも、症状を悪化させたり、ほかの不調を招く場合があること——。

アレルナイトプラスを初めて試す人も、刺激が強いのではないかと不安に感じるかもしれませんが、着色料・防腐剤は無添加、体に悪影響のある原料は全く配合していませんから、安心です。

かゆみを止める効果を持つ植物性乳酸菌をはじめ、ビオチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸など、天然由来の優しい物質だけが配合され、体に負担をかける化学物質は全く含まれていません。

またアレルギー体質の人でも問題が起きないよう、アレルギー特定原材料の25品目を排除して製造されています。

アレルナイトプラスなら、敏感体質の人でも症状悪化や不調を心配することなく、毎日継続して摂取することができるでしょう。

食品表示法と特定原材料について

加工食品などに注意を払っている人なら、「食品表示法」について聞いたことがあるでしょう。

食品表示法というのは、加工食品の原材料に関して、その表示内容を詳細に規定した法律です。

実は、ちょっと前まで食品の成分表示というのは規制がなく、ずいぶんいい加減なものがまかり通っていました。極端にいってしまえば「何が入っているのか分からない」という商品が流通していたのです。

しかし最近では食品アレルギーの問題が社会的にクローズアップされたこともあって、かなり厳密に表記の方法が決められています。

特に重要な規定が「特定原材料」。アレルゲンとされるものの中でも、発症者数がずば抜けて多かったり、重篤な症状を引き起こすことのある成分7つに関しては、表示する必要性が高いと考えられ、成分欄に必ず表示することになっています。

その7つの特定原材料は以下の通り——

・えび
・かに
・小麦
・そば
・卵
・乳
・落花生

また、特定原材料に準ずるものは——

・あわび
・いか
・いくら
・オレンジ
・カシューナッツ
・キウイフルーツ
・牛肉
・くるみ
・ごま
・さけ
・さば
・大豆
・鶏肉
・バナナ
・豚肉
・まつたけ
・もも
・やまいも
・りんご
・ゼラチン

となっています。これらを製品に含んでいる場合、義務とまではいかないのですが、なるべく成分欄に表示することが推奨されているようです。

もちろんアレルナイトプラスには以上の成分は一切含まれていません。アレルギーの人でも安心です。

-アレルナイトプラス

Copyright© 『本当に効いた!アレルナイトプラスの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.