アレルナイトプラス

アレルナイトプラスを使用した感想

投稿日:

アレルナイトプラスを飲んでみて

私は生まれつきアレルギー体質で、小さな頃からアトピー性皮膚炎に苦しめられてきました。症状は顔以外の全身に出て、肌は引っかき傷でボロボロ。夏休みに海水浴に行っても海水が傷にしみるため、みんなが泳ぐのを岸で見ているしかありませんでした。

近くに住んでいる叔父が開業医だったので、炎症を鎮めるステロイド剤、それに保湿のためのグリセリン軟膏を毎日塗ってもらっていたのですが、やがて中学生に入学する頃になると体質が変わってしまったのか、症状が治まってきました。

それ以降、20年間はかゆみに悩まされることもなく、肌も健康に——。自分がアトピー性皮膚炎であったことすら忘れていたほどです。

ところが大学を経て社会人となり、真夏には40度を超えるという部屋で仕事をすることになりました。作業中はとにかく何時間も汗だくで、肌がひどい汗疹状態に……。

汗疹は耐えられないほどのかゆさがともなうため、仕事中もかきむしってしまいます。幼い頃からかくのは良くないと教わっていたのに、無意識のうちについやってしまうのです。

これがきっかけで、あっという間にアトピー性皮膚炎の症状が全身に広がっていきました。汗疹と「かく」という物理的刺激が引き金になったのだと思います。完治したと思っていたのに、やはりアトピーの素因は残っていました。

久しぶりに皮膚科へ。ステロイド軟膏、飲み薬(抗ヒスタミン剤)、保湿用のヒルトイドが処方されました。治療のためにこれらを毎日飲まなければなりません。

さすがに薬を続けていると症状は改善。冬が到来し仕事場の温度が下がったこともあって、かゆみも落ち着いてきました。ところが、春になって花粉症の季節になるとアトピーの症状が再び悪化。薬を飲んでいる間は改善するのですが、少しでも休薬すると症状がひどくなってしまいます。

子供の時は顔はかゆくならなかったのですが、髪の下の頭皮や額にまで症状が出てきました。こうなると枕が皮膚に触れて痛みがあり、ろくに眠りにもつけません。これほどひどいアトピーの症状が出るとは想像もしませんでした。

どうしたらいいか途方にくれ、ネットでケアの方法を探しました。そしてワラにもすがる思いで購入したのがアレルナイトプラスです。

植物性乳酸菌、薬草成分、ビタミンのビオチンなどが配合された栄養機能食品。アトピーと腸内環境は関係が深いことは知っていましたから、「ひょっとして乳酸菌で腸内環境を改善すれば自分のアトピーにも効果があるのでは」と考えたのです。

さっそく飲んでみると、グレープフルーツのような味がします。とても飲みやすいので「これなら続けられる」と思いました。ほんの少しハーブのような後味もありますが、これが薬草成分なのかもしれません。

処方された薬のほかにアレルナイトプラスを飲み始めてから1ヶ月——。突然、全身のアトピーが軽くなってきました。アトピーの痕も赤みがひどかったのですが、それも褐色に変わり、明らかに改善されているのが目で分かります。

それからもう半年。もちろん完治とまではいきませんが、症状は相当マシになり「再びアトピーにサヨナラできるのは?」という希望が見えてきました。

とりあえず、しばらくはアレルナイトプラスを飲み続けるつもりです。

試供品はあるの?

アレルナイトプラスに興味を持ち、「試供品を飲んでみたい」と思った人もいるでしょう。

ただ残念なことに、公式サイトを見ても試供品はないようです。また、アレルナイトプラスはサプリなので、短い期間では効果が期待できません。

最低でも2ヶ月ほど継続し、その上で効果が出るかどうか判断すべきでしょう。

-アレルナイトプラス

Copyright© 『本当に効いた!アレルナイトプラスの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.