アレルナイトプラス

アレルナイトプラスの飲み方について

更新日:

アレルナイトプラスに含まれるビタミンB群について

飲み方をチェック
アレルナイトプラスには様々な成分が配合されていますが、主な成分の1本2.5gあたりの含有量は以下の通りです——

植物性乳酸菌……100mg
ラフマ葉抽出物……50mg
ギャバ……100mg
グリシン……1000mg
ビオチン……60μg
ビタミンB1……10mg
ビタミンB2……40mg
ビタミンB6……30mg
ビタミンB12……3μg
パントテン酸……33mg
ナイアシン……30mg

このうち、ビタミンB群について説明してみます。

ビタミンB1

1910年に日本の鈴木梅太郎博士が米糠から発見した物質。チアミンという名前でも知られています。

体内にある糖質からエネルギーを作り出す働きを持つため、疲労回復には欠かせないビタミン。不足すると元気がなくなり、絶えず疲れているような状態に陥ってしまいます。また、神経の機能を正常化する働きも備えています。

食べ物では玄米、豚肉、レバーに含まれていて、ビタミンB1に特化した栄養剤も多数発売中。

過剰に摂取しても尿として排出されるため、副作用の心配はありません。

ビタミンB2

リボフラビンとも呼ばれ、皮膚や粘膜の維持に欠かせないビタミン。口内炎、口角炎、舌炎などが起こりやすくなったら、このビタミンが欠乏している可能性があります。

レバー、うなぎ、卵、納豆などに多く含まれていて、栄養剤もかんたんに手に入ります。

水溶性ということですぐに体外に排出されるため、過剰摂取の心配はなし。ただ、尿が濃い黄色になる場合があります。

ビタミンB6

ビタミンB2と同じように皮膚や粘膜のコンディションを維持してくれるビタミン。神経伝達物質が生まれるのを助けるので、神経を正常に保つためにも欠かせません。

かつお、まぐろ、レバー、バナナに多く含まれています。

ビタミンB12

シアノコバラミンという別名を持ち、かきなどの魚介類やレバーに豊富に含まれています。

赤血球の中に存在するヘモグロビンの生成を補助するビタミンで、不足すると体内の血液が足りなくなり、貧血の症状が出てきます。また、神経機能を正常に保つ働きも備えています。

アレルナイトプラスのQ&A

素朴な疑問
Q.摂取の上でベストのタイミングはいつでしょうか?

A.目安量は1日1本。これを水などとともに夜に飲むのがいいでしょう。即効性は期待できないので、最低2ヶ月は継続するべきです。

もし苦味が気になるようなら、先に水分を口に含むと飲みやすいと思います。

顆粒タイプになっているので、水にすぐ溶けます。喉に不快感もなく、摂取も簡単です。

Q.夜に飲むのを忘れた場合、昼間に飲んでもいいのでしょうか?

A.アレルナイトプラスは薬ではなく、あくまで健康補助食品です。飲むタイミングについても厳格な決まりはないので、いつ飲んでも問題はありません。

Q.保存はどのようにすればよいのですか?

A.普通の食品類と同じで、直射日光・高温多湿の場所は避けて下さい。常温でも大丈夫なので、毎日使用する食品などと一緒に置くのがいいでしょう。

また六角形の容器の上の部分は開封後にフタになりますから、ほこりなどを避けるのに活用できます。

Q.病院で処方された薬と併用はできますか?

A.アレルナイトプラスはあくまで食品です。薬ではないので、処方薬を飲んでいる人でも問題なく摂取できます。

ただ何か不具合が生じるようでしたら、かかりつけの医者に必ず相談して下さい。

アレルナイトプラスの口コミ情報

-アレルナイトプラス

Copyright© 『本当に効いた!アレルナイトプラスの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.