アレルナイトプラス

アレルナイトプラスは子供でも飲めるか

更新日:

アレルナイトプラスは子供が飲んでもいいのか?

アレルナイトプラスは子供が飲んでもいいのか?
アレルナイトプラスは10歳以上であれば飲むことは可能です(アレルナイトプラスの公式サイトにも「推奨年齢は10歳以上」と書かれています)。

アレルナイトプラスには様々な成分が配合されていますが、特にビタミンB群が豊富。

ビタミンB群は皮膚の健康を維持するために欠かせない栄養素です。摂りすぎたとしても余剰分は尿として排出されるため、基本的に問題はありません。

ただ、ビタミンB3、B6、葉酸(ビタミンB9)は例外。大量の摂取は副作用のリスクを高めます。

アレルナイトプラスのビタミンB6と葉酸の配合量は、子供にとっての摂取許容量を越えてしまいます。

もしお子さんが10歳未満なら、アレルナイトプラスを飲むのは控えて下さい。

アレルナイトプラスの体験談

アトピーが悪化するのは、寝ている時にかゆいところをかいてしまうからです。

10才の長女がアトピーなのですが、毎晩隣でボリボリと皮膚をかきむしるため、その音で私の方が目覚めてしまいます。

本人は自分が夜中に皮膚をかいていることを知らず、朝になって爪の間に入り込んだ皮膚片を見て、「掻いてしまった」と思うそうです。

これでは寝ているようでも熟睡はしていないはずで、余計アトピーが悪化してしまいます。

アレルナイトプラスは就寝中のムズムズを抑えてくれるというので、1度長女に飲ませてやりたいと思い、購入してみました。

コップに入れた水を用意し、1〜2口くらいの水分を口に含ませた上で顆粒を流し込む……。

そのような手順で服用させてみましたが、最初は「すっぱい!」「苦い!」と叫んで、中々飲んでくれません。慣れるまでちょっと時間がかかりました。

おそらく植物性ラクトバチルス乳酸菌、ベネトロン、ギャバ、バレリアン、アメリカンジンセン(西洋人参)、クワンソウ、グリシンなどの成分が長女に合っていたのでしょう。最初の夜は普段のようにかゆい場所をボリボリかいていましたが、2日目の夜からその回数が減ってきました。

3日経つと、長女が腕を見せてきました。

「お母さん、これ見て」

それまでカサカサだった長女の両腕はなめらかに輝いていました。

それからも1週間飲み続けて、肌の調子がすっかり良くなりました。

ただそうなると安心し、時々飲むのを忘れてしまうこともあります。

すると、寝ている間にまたボリボリとかいてしまう……。

本人もアレルナイトプラスの効果を自覚したのか、私に声をかけて「飲ませてくれ」と言ってきます。

アレルナイトプラスは着色料・防腐剤・アレルギー特定原材料(25品目)をすべて使っていません。まだ10歳の長女にも安心して飲ませてやれます。

やがて長女は自分自身で飲み方に工夫をこらすようになりました。おやつのゼリーに混ぜて食べ始めたのです。

ゼリーをスプーンに載せると、アレルナイトプラスを塩のようにふりかけます。その上で口に入れると、苦労せずに摂取できるようです。

私も試してみましたが、大人の私にも美味しいと思える方法です。

とにかく寝る前に忘れないように飲み続ければ、本当にかゆみを抑えてくれるのでよく眠れます。

「アレルギーだから仕方ない」とあきらめていたけど、人間にとっては当然の営みである「ぐっすり眠る」ことが長女には全然できてなかったんだと分かり、母親として心から反省しました。

アレルナイトプラスの口コミ

-アレルナイトプラス

Copyright© 『本当に効いた!アレルナイトプラスの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.