アレルナイトプラスとは?

アレルナイトプラスとは?
アレルナイトプラスは、オリエンタルバイオ株式会社が企画開発したデリケートな肌改善に役立つサプリメント。

主成分である植物性ラクトバチルス乳酸菌が就寝中の肌のかゆみにアプローチ。体の内側から症状緩和を促します。

また、ラフマ葉抽出物やギャバがドーパミンを減少させるので、体もリラックス。睡眠が深くなります。

さらにビオチンが糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け、皮膚・粘膜の健康を維持。

長く続けていくことで、夜の悩みを徐々に解消してくれます。

もちろん、着色料、防腐剤、ステロイド、アレルギー特定原材料などの素材は無添加。

敏感肌の人も安心して使えます。

アレルナイトプラスの体験談

アレルナイトプラスの体験談
夏も間近となり持病のアトピーの症状が悪化……。

ステロイドに頼らずに治そうと決心し、ネットで色々な方法を探していたところ、アレルナイトプラスを見つけました。

お値段の方は決して安いとはいえませんが、口コミの評判がいいので試してみることに。

注文すると、3日ほどで荷物が到着。

アレルナイトプラス本体を開けてみると、スティック個包装になっています。

1本取り出し、封を破って鼻を近づけると、柑橘系の香りがしました。

指で中身をすくってなめてみると、グレープフルーツの苦みが舌先に広がります。

ちょっとビターな味が好きなら大丈夫でしょうが、この味のせいで飲みにくいと感じる人もいるかもしれません。

さっそくその日から飲み始めました(ちなみに次の日の朝、トイレに行くと尿が黄色くなっていてビックリ。説明書を読んで分かりましたが、アレルナイトプラスに含まれるビタミンB2の一部が尿に混じって排出されるため、こんな色になるんだそうです)。

最初の3日ほどはほとんど変化なし。効果を感じ始めたのは5日目くらいからでした。それまで毎晩何度か首のかゆみのせいで目覚めていたのが、1度も起きることなく熟睡出来るようになったのです。

そして10日目くらいからは首の赤みが軽減し、炎症が鎮静化。

それまでひどい状態だった皮膚も、かく回数が減少したお陰で2週目くらいからキレイに再生され、スベスベの触り心地になりました。

もうひとつうれしかったのが、ピアスをつけても平気になったこと。

アレルギーの出にくいチタン製のものでもかゆくなっていたのですが、アレルナイトプラスを飲み始めてから、どんな材質のピアスでも症状が出なくなりました。

予想以上の効果が出て、すごく満足しています。食事療法と合わせて続けていけば、完治も夢ではないかもしれません。これからもしばらく続けていくつもりです。

アレルナイトプラスの3つの特長

アレルナイトプラスの3つの特長

・植物性乳酸菌がかゆみにアプローチ

アレルナイトプラスに配合されている植物性ラクトバチルス乳酸菌は酒粕から発見されたもの。
かゆみ対策に力を持っていて、他の腸内環境を整える乳酸菌サプリとはその効力が違います。
日毎続けていけば、しっかりとかきむしりを予防してくれます。

・快眠へと導く成分を配合

快適な眠りをもたらす成分(ラフマ葉抽出物、グリシン、ギャバ、クワンソウ、アメリカンジンセイ、バレリアンなど)をたっぷりと配合。

そのために質のよい睡眠・休息が得られ、肌の免疫力・再生力を高めることが可能です。

・キレイな肌を作る成分も

人間に本来備わった治癒力が発揮されるのは体と精神が休まっている睡眠中です。

その時間帯を最大限に利用できるよう、肌の再生・修復をもたらすビオチン、そしてビタミン類を多数配合しています。

アレルナイトプラスが効かない場合は?

アレルナイトプラスはあくまで食品扱いのサプリメント。薬と違って副作用はありませんが、効果には個人差があります。

もし飲んでも効果が実感できないと思った場合、以下のことをチェックしてみてください。

・最低でも3ヶ月間飲み続ける

口コミを見ていると、アレルナイトプラスの効果が出るには、最低でも3ヶ月かかることが多いようです。

まずは毎日アレルナイトプラスを飲み続けてください。

「時間を決めて服用する」「目立つところに常に箱を置いておく」など、飲み忘れを防ぐ工夫も大切です。

・皮膚を常に清潔な状態に保つ

アトピー治療で欠かせないのは、常に皮膚を清潔な状態に保ち、乾燥させないこと。

夜はシャワーはやめてバスタブに浸かり、毛穴に蓄積した垢を取りましょう。そして入浴後は保湿をしっかり行ってください。

ゴシゴシと強く洗う必要はありません。アトピーに特化した入浴剤を用い、入浴後は保湿クリームを塗ることで肌環境は良くなります。

外側からもケアを行い、アレルナイトプラスの効果を高めて下さい。

植物性ラクトバチルス乳酸菌とは?

腸内の環境を整えることで健康維持に役立つ乳酸菌。実は細かく分類すると50以上もの種類があります。

腸内で働くにはどの乳酸菌でもいいというわけではありません。体質に合ったものを選ばなければ、思ったような効果は発揮できないのです。

アレルナイトプラスを企画開発するにあたって、オリエンタルバイオは植物性ラクトバチルス乳酸菌に着目しました。

植物性ラクトバチルス乳酸菌には免疫細胞を活発化し、アトピーの発端となる細胞の働きを抑制する作用があります。また胃酸に強いので、生きたまま腸に届いてその環境を整えてくれます。

植物性ラクトバチルス乳酸菌はアレルナイトプラスの中にたっぷり含まれています(100ミリグラム中1,000億個)。

アレルナイトプラスをいつ飲めばいいか?

アレルナイトプラスを飲む最適なタイミングは就寝前です。

アトピーの症状が出ると、就寝中にかゆみが起こり、ろくに眠れません。その不眠がストレスとなり、さらに痒みを引き起こすのです。

この悪循環を断ち切るには、睡眠の質を高める必要があります。

アレルナイトプラスにはアトピー改善作用のあるラクトバチルス乳酸菌を始め、眠りの質の改善に役立つ成分が多数配合されています。

寝ている間にかかれて傷ついた肌の修復をサポート。さらにかゆみの原因となる免疫機能のバランスを整え、体質改善に役立ちます。

アレルナイトを就寝前に摂れば寝ている間のかゆみを軽減し、深い眠りへと導いてくれます。

アレルナイトプラスはヤフオクやメルカリで手に入れられるの?

手に入れられる
私はもともと軽いアレルギー体質。10代の頃から熱い麺類を食べるとやたら鼻水が出たり、サラダを摂ると、肘のあたりに蚊で刺されたような丸いふくらみができたりしました。

もっともどれも騒ぐほどの症状ではないので、これまで病院のお世話にもならずに過ごしてきたのですが、30歳を越えたころから、寝ている間に肌に異常なかゆみを覚えるようになりました。特に胸の辺りがひどく、爪を伸ばした状態だと就寝中にかきむしってしまうため、その後しばらく赤い痕が残ったままです。妻が「クリームをつければいい」というので、寝る前に塗ったりしているのですが、やはりかゆみは出てきます。

なんとかケアしたいというのでネットで調べてみると、アレルナイトプラスという商品が口コミで評判になっているようです。植物性ラクトバチルス乳酸菌、ラフマ葉抽出物、ギャバといった天然由来の成分が優しく体にアプローチし、徐々に肌質を変えていってくれるとか……。

通信販売専門の商品のようなので、一応Amazonや楽天といった大手通販サイトで値段を調べてみました。

この2つのどちらかで買ってもいいのですが、念のためにいつも使っているヤフオクやメルカリをチェックしてみることに——。

まずヤフオクですが、サイト内検索をかけるとわずかに1件だけヒットしました。開始価格は3,500円(税込)。発送方法はヤフネコ!(ネコポス)で、205円(税込)となっています。

次にメルカリへ。同じようにサイト内検索をするとちょうど30件出てきました。でもすべて「SOLD」済み。現時点での出品はありません。

ということで、アレルナイトプラスを安価で手に入れるにはヤフオクで入札するしかないか、とも思ったのですが、ここで妻からクレームが入りました。彼女によれば「口に入れるものを個人売買で買ってほしくない」とのこと。仕方なくさらにグーグルでチェックすると、公式サイトが見つかりました。

ここに用意されてある定期コースなら、1ヶ月分が5,980円(税込)で手に入ります。送料も無料。

ヤフオクよりは高いのですが、大手通販サイトよりはずっと安く、もちろん製造元からの直販なので、品質にも信頼が置けます。

アレルナイトプラスに興味のある人には、この定期コースをおすすめします。

アレルナイトプラスの成分・デキストリンについて

アレルナイトプラスの成分には、デキストリンという物質が含まれています。

このデキストリンとは炭水化物の1種。ジャガイモ、トウモロコシなどからデンプンを抽出。さらにそれを酸、酵素、熱などで加水分解することで作られます。

役割としては食品・化粧品などの成分同士を結合させたり、その粘着度を調整したり——といったものがあるのですが、同時に食物繊維として便秘解消のサポートも行ってくれます。

植物性ラクトバチルス乳酸菌と一緒に配合されることで、体質改善に一役買ってくれます。

アレルギー特定原材料について

食品
加工食品について注意している人なら、「食品表示法」について聞いたことがあるという方もいるでしょう。

食品表示法というのは、加工食品の原材料について、その表示内容を国が細かく規定した法律のこと。

以前は食品の成分欄はずいぶんいい加減なもので、極端にいうと何が入っているのか分からない、という加工品も存在しました。しかし最近では食品アレルギーの問題がクローズアップされたこともあって、かなり厳格に表記の仕方が決められています。

特に注目すべきなのは、「特定原材料」。アレルゲンとされるものの中でも、発症者数が多かったり、重篤な症状をもたらすことのある7つの成分に関しては、表示する必要性が高いと見なされ、必ず成分欄に表示することになっています。

その7つの特定原材料は——

・えび
・かに
・小麦
・そば
・卵
・乳
・落花生

を指します。

また、特定原材料に準ずるものに関しては——

・あわび
・いか
・いくら
・オレンジ
・カシューナッツ
・キウイフルーツ
・牛肉
・くるみ
・ごま
・さけ
・さば
・大豆
・鶏肉
・バナナ
・豚肉
・まつたけ
・もも
・やまいも
・りんご
・ゼラチン

があげられていて、義務ではないのですが、なるべく表示することが推奨されているようです。

もちろんアレルナイトプラスにはこれらの成分は含まれていません。アレルギーの人でも安心して摂取できます。

更新日:

Copyright© 『本当に効いた!アレルナイトプラスの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.